Doorkeeper

遅いVPNの代替は、リバースプロキシで対応        ゼロトラストをリバースプロキシで運用する方法も紹介

2020-10-15(木)15:00 - 15:40
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
                         ①上記の「申し込む」をクリック          ②登録のメールアドレスに別途送付されるウェビナーの 「オンライン」表示の右のURLをクリックして     参加「申込」事前登録を行う           ③登録完了のメールでZoomでのアクセスURLが通知  されます                    ④当日は上記③のZoomのURLへアクセスでセミナーへ の参加が出来ます                  以上で申込手続きは完了です

7人の参加者

すべて見る
4人のアカウント非公開の参加者

詳細

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test


テレワークに対応のネットワーク環境構築への取り組み


企業は一時的なテレワーク利用から、働き方改革とともに本格的なテレワークの利用と
ネットワーク環境の再構築を求められています。


VPNはテレワークに適しているか? 


■VPNは負荷が高い
 VPNは仕様上、ネットワークや機器に大きな負荷をかけます。
 社員が一斉にアクセスすると「つながりにくい」や「レスポンスが悪い」などの状況に陥ります。

■VPNのセキュリティ
 VPNを使ったセキュリティモデルは「境界防御モデル」と呼ばれ
  一度VPN経由でネットワーク内に入った場合には、ネットワーク内の各種のサーバや
 システムとアクセスが可能なためにセキュリティ上の懸念があります。


VPNの代替やゼロトラストに対応のリバースプロキシ


  • VPNからの代替およびゼロトラスト連携として注目されているのが、リバースプロキシを利用するというものです。

  • リバースプロキシでは、VPNのように機器やネットワークに負荷をかけずスムーズなアクセスができます。

  • 社外から社内へのアクセス時にリバースプロキシを経由させます。
    リバースプロキシで各種の認証を行いセキュアな社内接続が可能です。

  • また、ゼロトラスト・システムと連携してリバースプロキシ経由でセキュアな社内接続を実現します。


テレワークにおけるVPNとリバースプロキシ―やゼロトラストとの比較


 本セミナーでは、VPNとリバースプロキシ―やゼロトラストとの方式の違いを解説するとともに、VPN代替としての導入時のポイントについても説明します。


ゼロトラストやAD認証に対応のリバースプロキシ―「Powered BLUE」の紹介


 AD認証、ワンタイムパスワード、クライアント証明書などの認証方式や
 ゼロトラストに対応したリバースプロキシ「Powered BLUE」について紹介します。


プログラム


 2020年10月15日(木)


 14:50-15:00 受付


 15:00-15:30 遅いVPNの代替は、リバースプロキシで対応
        ゼロトラストもリバースプロキシで運用する方法も紹介


 15:30-15:40 質疑応答


セミナーに関するお問い合わせ

seminar@mubit.co.jp


主催

株式会社ムービット


個人情報の取扱いについて


申し込み時にご提供いただいた情報は、株式会社ムービット及び主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供することがあります。ご記入頂いた個人情報は、株式会社ムービット及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただくことがございます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。

コミュニティについて

mubit

mubit

ムービットが主催するイベントのためのコミュニティです。

メンバーになる